研究学園地区をどうするか、本気で考えてます。

葛城小学校、合わせて敷地内の児童クラブの視察。葛城小学校は昭和44年に建てられました。先日は新しく開校する2校の視察に行ってきたところですが、既存の小学校、今こどもたちが過ごしている場所も大切にします。すぐできる改修等についてはその場で指示を出しました。葛城小は春日学園ができたときに一時期、一学年が5、6人という事態に陥ってしまったこともあります。そんなことはもう起きないよう計画的に進めます。

 児童クラブについても、親の犠牲に甘える運営から、公営にシフトしているところです。児童クラブの施設はかなり年数の経った小さなプレハブで、衛生面でもとても理想的な環境とは言えない。さらに、地域では交流センターがないため市民が集える場所もありません。

 つくば市の職員は一生懸命がんばっているし優秀です。でも、トップが方向性を示さなかったり誤ればそのツケは数年にわたって現場にきます。一つずつ転換を進めています。

カテゴリー: 活動報告 パーマリンク

コメントは停止中です。