新年度の予算を全会一致で可決していただきました!

つくば市議会3月定例会閉会。平成30年度の予算は多くの新規事業を盛り込んだ野心的な編成でしたが、昨年度に続き全会一致で可決して頂きました。

 最終日には議員提案の「イノシシによる被害対策をさらに推進することを求める決議」と「つくば市政にSDGsの理念を反映するための取組を求める決議」が採択されました。筑波山周辺のイノシシ被害対策とSDGs導入については市役所側でも本格的に取組み始めたところですので、決議を追い風に、議会と協力しながら推進します。

 組織再編では、こどもの貧困対策を担う「こども未来室」や市内での起業を促進する「スタートアップ推進室」を新設することも決まりました。新たな予算と組織で、つくば市が抱える諸課題の解決に向けどんどん加速して行きます。

#地方議会の当初予算が全会一致になるのは相当珍しいんです
#議論をしながら合意形成をしてくれる議員のみなさまありがたい
#つくば
#筑波山
#SDGs

カテゴリー: 活動報告 パーマリンク

コメントは停止中です。