北条保育所休所式

満開の桜の下で北条保育所の休所式をおこないました。

昭和29年に開所した歴史ある保育所ですが、耐震基準を大幅に下回るかなり危険な状況なのに放置をされていました。さらに裏山の土砂災害の恐れもあり、安全にこどもを預かれないという判断からの休所です。

ここに至るまで、私や担当課で何度も保護者のみなさんと意見交換をしました。北条保育所に対する熱い想いがあふれていて、みなさまとても複雑な心境な中ですが、最終的にはこどもの安全を一番に考えることに同意してくださりました。今回はあくまで休所で、遅くとも平成33年4月には北条幼稚園跡地への新設を考えています。

式ではこどもたちが元気にあいさつしてくれました。歌もよかった。64年の歴史を少しお休みします。こどもたちから風船を飛ばしたいというリクエストがあるという話を聞いて、では鳩バルーンにという提案をしてやってもらいました。ピンクリボンフェスティバルのバルーンがとても印象的だったからですが、思いを乗せて飛んでいく鳩はやっぱりとても素敵だった。

6枚目以降の写真は矢島祐介さんが撮ってくださったもの。さすがプロ。ありがとうございます。

カテゴリー: 活動報告 パーマリンク

コメントは停止中です。