日本中に広がる #保育園落ちたの私だ‬ 「解決する政治家」から「問いを共有する政治家」へ変わる時

書影

農場長の伊藤が、保育園についてと私の本についてFacebookに書いてくれました。Facebookをやっていない方にも共有したいので貼り付けておきます。ちなみにつくば市の公式発表によると2016年2月の待機児童は-205人。つまり205人分空きがある、ってほんとですか? 本にも書きましたが、このカウント方法にはいろいろなカラクリがあります。市の担当課の方も子育て関係の会議で「潜在的な待機児童は1000人くらい」と認めているのですが、これが実感値と近いでしょう。我が家の3男と長女は幸運にして保育所に入れましたが、上の子の同級生で、下の子が同じ保育所に入れなかった子がクラスわずか20数人のうちに2人もいます。毎朝夕2箇所の送り迎えをするか、それを諦めて預けないでいる状況。少なくとも、正しい待機児童数を算出しないと、待機児童の解消のための政策が打ち出せるわけもありません。一時が万事、こういうことがいろいろな政策分野で起きているとも感じます。

政治不信や無関心の大きな理由は、政治家が問題をわかっていないままピンぼけな政策ばかりを打ち出してしまうことにあると思います。問題を正しく理解していないから、解決策も当然まちがってしまう。結果として「やっぱり政治家ってバカだよなあ」とか「やってほしいのそこじゃないんだけど、ほんとわかってないよなあ」ということになってしまうわけですが、この声は当の政治家に届くことはありません。だから、そろそろ「問題を解決する政治家」という像から離れて、「問いを共有する政治家」へとシフトしていく必要があると考えています。マッチョイズム満載に「俺に任せれば解決してやるぜ」なんていうリーダーシップのスタイルはもうずっと前のもので、実はかえって迷惑だったりする。「今何が問題になっているんだろう」「誰が本当に困っているんだろう」「その原因はなんなんだろう」「どうすれば前に進むんだろう」ということを一緒に考えるきっかけをつくる力が政治家に求められる素養だと思います。これは、市民の側も同じです。政治家に答えを求めたりしてもダメで、ちゃんと問題を伝えることから始めないといけない。「保育園落ちた」ブログはそういうきっかけの大きな一つになったし、『あなたのまちの政治は案外、あなたの力でも変えられる』もそうなればと思って書いたものです。

—以下農場伊藤のFacebook引用—

#‎保育園落ちたの私だ‬ からシェアしてください!

「保育園落ちた日本死ね」というブログが広がっています。僕の長男は第一希望の保育園には入れませんでしたが、運良く別のところに入所できました。先日産まれた次男はどうなるかわかりません。この問題、他人事ではありません。声を挙げることがすごく必要だと思います。でも、声を挙げても、次のステップをどうしたらいいかわからないこともたくさんあります。保育園以外にも、おかしなことはたくさんあるのに、そういうことにも気づかないままになっていることもたくさんあります。
 だからこそこの本を一人でも多くの人に読んで欲しいと思っています。『あなたのまちの政治は案外、あなたの力でも変えられる』というタイトルのこの本の主人公は、まさに保育園に入れるかわからないで不安なママです。国では「保育士を無資格にして増やす」とか「退職した学校の先生にやってもらう」なんてことが検討されているようですが、現場を少しでも知っていればどれだけそれがずれていることかわかるはずです。この本にもはっきりと、他の産業よりも月で10万も低い保育士の待遇を改善しないといけない、と書いてありますがその通りだと思います。そして、保育園以外でも街灯やバスや介護や農業のことまで、あらゆる毎日の生活のことが書いてあって、それがすべて政治とつながっているんだということがわかります。動き出さなきゃと思います。
 著者は学生時代からお世話になっている人だし、ごきげんファームの代表でもあるので身近過ぎる僕が書くとわざとらしい感じがしていて今まで紹介するのを遠慮していました。でも「保育園落ちた」のブログが国会で紹介されるとヤジが飛んだというニュースを読んで、もう黙っていてはいけない気がしました。正直なところ政治的なことを書くのはためらわれますが、そうやって遠慮してる内に政治家は勝手に勘違いしたまま勘違いした政策を進めてしまいます。この本が広まれば、まちはほんとに良くなると思います。僕もまちを変えるために、ちょっと勇気を出してこの投稿をします。黙っていたり「政治的には中立」だなんて言ってると日本はどんどん住みにくくなっちゃいます。どうかシェアしてください。ツイッターでもブログでもなんでもいいです。よろしくお願いします!!
『あなたのまちの政治は案外、あなたの力でも変えられる』(五十嵐立青)

カテゴリー: 出版 |

吉田照美さんのラジオに出ます

飛べサル

文化放送の「吉田照美 飛べ!サルバドール」という番組からお声が掛かり、『あなたのまちの政治は案外、あなたの力でも変えられる』について話すことになりました。ご都合つく方ぜひお聴きください。生放送ということで、失言には気をつけよっと。
 最近は全国各地の図書館に入れていただいているようです。プロの司書のみなさんが選書してくださるのだからうれしいですが、図書館に入ると本屋で売れなくなるのかな。。いずれにせよ、一人でも多くの方に読んでいただければうれしいです。
●日時 2016年3月3日(木)16:15~30分頃
●番組 「吉田照美 飛べ!サルバドール」
     http://www.joqr.co.jp/saru/
     AM放送 1134 / FM放送 91.6

カテゴリー: ごあいさつ |

噂の東京マガジンで2月28日筑波山ソーラー問題!

東京マガジンソーラー

筑波山のソーラー発電計画問題、TBS 噂の東京マガジン「噂の現場」にて2 月28 日(日)13 時から放映予定です。一気に全国的な注目案件になるか(収録中の写真撮影およびWeb 公開についてはTBS 承諾済みです)。写真は「筑波山の自然、生活を守り隊」フェイスブックページから。こちらにも様々な情報がありますのでぜひ、いいね!をお願いします→ https://www.facebook.com/Save2983/?fref=ts

カテゴリー: ごあいさつ |

友朋堂閉店に思うこと。

友朋堂

友朋堂、閉店してしまいました。
 物心つく前から夜寝る前に父に連れられて通いだし、こどもの時はマンガの立ち読みを散々させてもらい、受験になれば参考書を探すついでに小説を買い、、自分の体を作ってくれている一部でした。個性ある選書に惹かれ、大人になってもふらっとお店を歩くのは最高に贅沢な時間でした。親になっても、こどもたちの文具はいつもお世話になり続けました。先日出した初めての本を梅園店に並べていただいているのを目にした時は言葉にならないうれしさでした。
 空気のようにそこにあるのが当たり前すぎて、ネットが強くなろうともありつづけるものだと思ってしまっていたし、もっと応援の仕方があったろうにと申し訳ない気持ちで一杯です。便利さを優先して小さな安易な選択を積み重ねたことが、結果として自分の生活から大切なものを失わせることになってしまったことには考えさせられます。スティーブ・ジョブズが亡くなった時は、一般的な未来への喪失感を感じましたが、今回の突然の閉店は、個人的な過去の大切な部分が失くなってしまうようなさびしさ。センチメンタルになっても問題は何も解決しないし、明日も同じことを繰り返してしまうのかもしれないけれども、小さくても愛される小売が地域に残るようなまちでありたいとあらためて思います。
 つくばの歴史の中で個性的な光を放っていた友朋堂は、つくばの文化の発信拠点というより、文化そのものだった気すらします。募集したメッセージは印刷して確かにお渡ししました。あっという間に10ページ分以上集まったメッセージや、閉店時間を過ぎても挨拶をしようとする人の列が耐えない様子に、友朋堂がいかに愛されていたのかあらためて実感しました。いつの日か復活する日が来ることを信じています。今まで本当にありがとうございました。

友朋堂へのメッセージはこちらからご覧になれます。当面残しておきますので、よろしければメッセージをお書きください。

カテゴリー: ごあいさつ |

久松達央さんとの出版記念トーク、盛り上がりました!

久松さんトーク

久松達央さんとのミニトークイベント、おかげさまで無事終了しました。私が話題提供で話した内容を受けて、その場で質問を考えてくれて、そこから掘り下げてくれる久松さんの展開力と視点の多様さがさすが。参加してくださったみなさまからもたくさんのするどいツッコミが入ってありがたかったです。
 汗の匂いのしそうな(実際にするわけではない)ダンススタジオで、とても美味しいコーヒーを飲みながら濃い時間になりました。決して知的ゲームのような感じじゃなくカッコいい感じでもなく、来てくださったみなさんが一歩でも半歩でも動き出すきっかけができたならうれしいです。久松さん、みなさま、ありがとうございました!(写真は 鳥山 雅庸さんからいただきました。開始前の写真。)

カテゴリー: ごあいさつ |

筑波西武でベストセラーになっていました

ランキング

「みんなの学校」のあとに、筑波西武のリブロでベストセラー棚にあったよということを教えてもらって見に行きました(お店の許可をいただいて撮影してます)。大御所に挟まれてますが、1位になるにはかなりのまとめ買いが必要だそうです。自分で買っちゃおうかなと思いましたが、手持ちのお金ではたかだか知れている感じだったのでやめておきました。
 市内各書店、全国の大型書店に置いていただいていますので、どうぞよろしくお願いします。アマゾンはこちらです。

カテゴリー: ごあいさつ |

「みんなの学校」自主上映会。ふつうの学校でもここまでできるというオドロキと希望。

 クリーン作戦後、星の子主催の「みんなの学校」自主上映会へ。会場へ向かう途中に午前の部を観終わったママ友とすれちがって「いがらしさんの目指すところとつながってると思う」と言われてたのですが、いや、シビレました。
 他の学校で不登校になった子や、支援が必要な子が来るわけですが、もとはなんの変哲もない公立小学校です。でも、他の学校での様子や先入観による見立てに囚われずに、何があろうと目の前の子に向き合い受け容れる姿は、支援とか、教育といった枠を超えた社会のあり方について考えさせられます。
 暴力をふるった子が反省の手紙で「もう暴力をふるいません」と書いてきたのを読んだ校長先生が「この瞬間はほんものなんよな。この点をどれだけつなげられるかなん」といった趣旨のことを言うんですが、これは支援に関わる人間としても意味深いものでした。前からこの映画を知ってたら今年のPTAでも上映会したかったなあと思う内容で、きっとまたちかくつくばで開かれるような気がするので詳細は書きませんが一つひとつのシーンで貫かれている人間への愛が圧倒的です。
 とかく予算がないとか、人が少ないとか、言いたいことはいくらでもありそうな中、なにしろふつうの公立小学校ですから。ここまでできるんだという現実を見せられると希望もわいてきます。

みんなの学校 公式サイト

カテゴリー: ごあいさつ |

つくば中央ライオンズクラブ、クリーン作戦。リーダー育成の機会に。

ライオンズゴミ拾い 

私は今年はつくば中央ライオンズライオンズの環境美化委員会の委員長をやっていて、先日つくば駅周辺でクリーン作戦を開催しました。つくば中央ライオンズクラブ、つくばOAKライオンズクラブ、つくば西ライオンズクラブのメンバーに加えて、秀英高校の生徒9人が参加してくれて、総勢40名を超えて活動を行いました。
 今回のテーマは「次世代リーダーの育成」です。集まったメンバーを3チームにわけ、それぞれのチームに高校生が3人ずつ入りリーダーとなってもらいました。事前にエリアの地図を用意しリーダーに渡しましたが、そこにはルート等は書かれていません。各チームが決められた時間内に最も多くの量のゴミを拾ってくることができるかを目指してスタートしました。
 ライオンズクラブのメンバーには、高校生リーダーのサポート役に徹してもらうことを依頼しました。高校生が先頭に立ちコースを選び、周囲に指示を出してもらいます。最初は戸惑っている様子が見られましたが、クラブメンバーが「どっちに行くのが効率的だと思う?」「帰り道はどんなルートが良さそう?」とヒントとなる問いかけをするうちに高校生リーダーからも「より範囲を広げるために複数の小チームに分かれましょう」「同じ道を通らないように、あっちから帰りましょう」といった指示が出るようになりました。終了後、「戸惑いもあったがリーダーとなる機会は普段なく貴重な経験ができた」「ゴミを拾うことでまちへの気づきが生まれ、今後周囲でポイ捨てをしている人を見たら注意をしようと思う」といった感想が聞かれました。
 捨てる側から拾う側へ変化し、リーダーとして成長する機会にもなっていればうれしいです。ご協力くださったみなさまありがとうございました!

カテゴリー: ごあいさつ |

筑波山を削った太陽光発電ストップのためのキャンペーン

筑波山の斜面を削り計画されている太陽光発電計画ストップのためのキャンペーンです。決して再生可能エネルギー自体に反対するものではありませんが、土砂災害警戒区域で極めて危険な状況であること、国定公園内で県知事の許可が必要なのにそれを取らずに違法で伐採が行われてしまったことなど、問題点が数多くあります。ご確認いただき、ご賛同いただける方はぜひご協力・シェアをお願いします!

署名はこちらのリンクからお願いします!

カテゴリー: ごあいさつ |

ごきげん餅つき大会、ご来場ありがとうございました!

もちつき大会

開始前からまさかの行列ができるほどで、時間を早めてスタートしました。本当に多くの方にご来場いただいて、ごきげんファームが地域に少しずつ根付き始めているのかなとちょっぴり感激しました。これからもがんばっていきます。今後もいろいろな企画をしますのでぜひお越しください!

カテゴリー: ごあいさつ |